の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宮城址1からの続き

藩邸のあった二の丸は、現在は保育園が建っている。

登城のための大手道は二の丸の北側に登り口があって

松の丸から鐘の丸を経て本丸へと至ったとのこと。

今の登り道途中に行く手が崖になって途絶えた分岐があるが

藩邸へと続いていたのじゃないかと思ったが確認を怠った。

かつては松の丸からは、もう一路があって

船着場や倉庫があった熊野川岸の「水の手」へ続いたとある。

最近になって、その水の手遺構が発掘調査されたとのこと。

新宮城絵図


鐘の丸の一隅で、木の根元にポツンと一基の墓石があって

「室町時代の一石五輪塔だが詳しい事は分からない」との説明文が立っている。

どのような人がどんな経緯で?謎の墓石。

謎の墓石


余談だけど

以前には、鐘の丸に「本丸御殿」と言う旅館があって

専用のリフトカーが昇り降りしていたそうな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。